Breeze Tumblebit Server の実験的リリース

Breeze TumbleBit Server はテストネットでの準備を完了させました!

Breeze TumbleBit Server アルファ版がテスト用にリリースされます。
約束どおり,私たちは増分配送プロセスに従事しており,今後数週間の間にリリースの技術的な詳細をユーザとオペレータの両方の視点から共有したいと考えています。
お楽しみに!

このリリースでは,Stratis のセキュアノード広告プロトコルが紹介されています。
このプロトコルは,集中管理リストを必要とせずに Breeze ウォレットが Breeze Tumblebit サーバを見つけるために利用されます。
したがって,操作や検閲に抵抗するトラストレスな登録メカニズムとなります。

ノード広告プロトコル

各 Breeze Tumblebit サーバで実行されるプロトコル操作の手順は次のとおりです。

1. ノードオペレータが Breeze Tumblebit Server ソフトウェアを起動
2. ノードが事前に Stratis ブロックチェーンに自身を登録しているかどうかをチェック
3. 登録がある場合は tumbler サービスを通常どおり初期化
4. ノードがまだ登録されていない場合,または構成が変更された場合,登録トランザクションは更新後,再ブロードキャスト

登録トランザクションは,Breeze Tumblebit Server によって Stratis ネットワークにブロードキャストされる特別なフォーマットのトランザクションです。
このリリースでは,登録トランザクションはメインの Stratis ブロックチェーンにブロードキャストされます。

セキュリティ機能

登録トランザクションには,以下の情報が埋め込まれています。

1. Breeze Tumblebit サーバの IP アドレス
2.(現在はオプション)サーバの TOR アドレス
3. ウォレット が接続に使用するポート
4. すべての情報が tumbler の秘密鍵で署名

これは,Breeze Talblebit Server に接続する際に Breeze ウォレットによって署名が検証されることを意味します。

登録プロトコルは Stratis コミュニティによる広範なテストのメリットを大きく得ます。
これはアルファソフトウェアなので,tumbler は現在 Bitcoin テストネット上でのみ動作するように設定されています。

これは,エラーが発生した場合に資金の損失を防ぐためです。

原文:Breeze Tumblebit Server Experimental Release