匿名取引の実装

NBitcoin の開発者で Stratis プロジェクトのコンサルタントである Nicolas Dorier は,C# で TumbleBit 支払いスキームのサーバと,クライアントを実装した NTumbleBit プロジェクトを発表しました。
TumbleBit は Bitcoin が直面している2つの主要課題を解決します。
増加する需要に対応して Bitcoin を拡大し,Bitcoin による支払いのプライバシーを保護することを目指す新しい匿名支払いプロトコルです。
TumbleBit は,Bitcoin の上に構築されたセカンドレイヤーとして実装され,既存の Bitcoin プロトコルを変更することなく互換性を保ちます。
TumbleBit の支払いはブロックチェーン外で処理されます。
これらのオフチェーン取引はリンク不可能であるため,TumbleBit は匿名の支払いで新しい次元をもたらすことが予想されます。
TumbleBit の支払い方式では,ユーザが TumbleBit サーバを信頼する必要がありません。
TumbleBit サーバはユーザトランザクションをリンクしたり,Bitcoin を盗むことはできません。

TumbleBit のホワイトペーパーには以下の様な記述があります。
「この約束を実現するためには,匿名性に直面した匿名性が提供されなければなりません。サービスを強化するためには,
サービスがどの支払人がどの受取人に支払っているかを正確に知っている場合,これは匿名性の完全な損失に繋がるので不適です。 匿名性を侵害する技術の向上は不明ではありません。たとえば,2016年には研究者が100人以上の Tor ノードをユーザに覗かせていました。」

TumbleBits の支払いは,Bitcoin ブロックチェーンのすべてのトランザクションを処理することによって,Bitcoin スケーラビリティの問題に対処することを目指しています。
オフチェーントランザクションを利用することにより,従来の Bitcoin 確認時間の待機に伴う10分の遅延がなくなります。
TumbleBit の支払いスキームを利用することで,すべての取引が数秒で完了します。

NTumbleBit

TumbleBit が機能するためには,Tumbler ハブは多くの Bitcoin をエスクローに入れなければなりません。
それができない場合,一部の人々はそれを使用する事ができなくなります。
したがって,TumbleBit の成長は Bitcoin の購買力に依存します。

以下は Nicolas Dorier の発言の引用です。

「NTumbleBit は,TumblerBit 支払いスキームのためのクロスプラットフォームのフレームワーク,サーバおよびクライアントになります。TumbleBit は,tumbler モードとペイメントハブモードの2つのモードに分かれています。tumbler モードは,トランザクションの代替性を向上させ,リスクフリーでリンク不可能なトランザクションを提供します。ペイメントハブモードは,Segwit やライトニングネットワークのような実装を必要とせずにオフチェーンの支払いを可能にする方法です。私は,Bitcoin のスケーリングに関して,どんな状況を脱したかわからないので NTumbleBit に緊急に取り組むことにしました。TumbleBit は,私が思うに,メインストリームに到達する最初のオフチェーン決済システムです。」

NTumbleBit は,Stratis ブロックチェーン用の Stratis 開発によってフォークされ,Stratis プライベートチェーンでも利用可能になります。
プライベートチェーン上の NTumbleBit の実装は,より高いトランザクションボリュームを必要とする企業にとってより大きなスケーラビリティを提供するために利用されます。
Stratis 親チェーンは,NTumbleBit から入手可能な匿名機能に利用されます。
Stratis プロジェクトは Bitcoin のための集中型 NTumbleBit サービスを提供する可能性を模索していますが,この性質のサービスはいくつかの法的ハードルを孕んでいます。

NTumbleBit は NBitcoin (SDF で利用されていた基本フレームワーク)を利用して C# で開発されているため,社内チームと開発者コミュニティは NTumbleBit の支払いスキームを実装して変更することができます。
既に,この技術のために概念化された革新的なユースケースをいくつか見出す事ができます。

原文:Anonymous Transactions Coming to Stratis