2つの報告(週刊 Stratis #4)


今週,一部のコミュニティメンバーが Twitter のプロモーションについて議論していました。
そして,いくつかの統計情報の洞察を含めた小さなインフォグラフィックの作成という答えを出しました。

ブロックチェーンマネーコンファレンス

加えて,私たちのコアチームメンバーのうち2人が週末にロンドンのブロックチェーンマネーコンファレンスに出席したので,イベント後のコメントを紹介します。
この会議は Bishopsgate で行われ,参加メンバーは Stratis の開発者である Dan Gershony と PR 兼コンテンツマネージャである Freya Stevens です。
その他の参加者の中には,John McAfee 氏,Roger Ver 氏(Blockchain Ultimate),Nic Cary 氏(Blockchain.info)がいます。

Freya のコメント

この会議はマネージングディレクターである Marieke Flament 氏の持ち込んだテーマから始まりました。
インターネットは基本的に多くの産業を変えており,旅行や音楽産業のように始まったが,何らかの理由で銀行が依然として抵抗しています。
Bitcoin と銀行の壁は,ブロックチェーン技術の有用性が金融業界内のどこにあるのかについて詳しく説明できしたが,潜在的可能性の程度には同意できなかった事に由来します。
Ferdinando Ametrano 教授は,ブロックチェーンは誇大宣伝文句であり,ナノ秒の取引がすでに行われていた場所ではスマートコントラクトは必要ないと説明しました。
そして「DAO は必要ありません」と私たちに宣言しました。
その代わりに,彼は適用された暗号,または「ステロイドに関するデータベース」を主張していました。

Anthony Macey 氏(バークレー)は,ブロックチェーン技術が14日から4時間の決済フローを削減することを可能にしたと主張しています。
Chris Ballinger 氏(トヨタ)も,現時点では,「金融決済を電子化しようとする現在の試みよりも,おそらく紙幣を郵送する方が速い」と付け加えました。

Marieke Flament 氏は最後にこう締めくくりました。
「暗号通貨は,すべてのモノを財務的,物理的,知的財産的な無記名証券に変えることで,信頼の問題を解決することができます。それはシステムの実際の価値なのです。」

Dan

John McAfee 氏の話は本当に面白かったです。
彼はサインアップ中にウォレットのパスワードを盗んでいたキーロガーソフトウェアの普及について語っていました。
彼はハーウェアウェアウォレットを使う必要性と,モバイルが存在する限りなくセキュアなソフトウェアウォレットは決して存在しないと確信していました。
私が,Airbitz ウォレットの CEO,Paul Puey 氏とチャットしたところに因ると,彼らはプラットフォーム上すべてにエッジ暗号化を提供していると伝えました。

これに McAfee 氏は興味をそそられていました。
彼は,彼は米国で採掘事業を確立していますが,「暗号通貨が良いか悪いかを判断するためにこの場にいるのであって,政府以上のことはできません。」と話していました。
この信念に対して,欧州連合(European Government)とブロックチェーンの両代表が反応しました。
EU 議員であるの Eva Kaili 氏は,「今後数ヶ月以内に新たな規制を設ける事になると述べましたが,ブロックチェーン技術はまだ開発段階にあるため,厳しい措置を講じることは慎重になっています。」と語りました。
全体的に暗号通貨は政治的観点からも徐々に受け入れられていると感じます。

さらに,私はブロックチェーンが財務以外の他のユースケースにも適用されているというテーマにも気付きました。
Y/Zen のMichael Mainelli 氏は,Geostamping,臨床試験やサプライチェーンでの使用を考えていました。
彼が言ったブロックチェーンは,自然な独占状態を減らし,それによってコストとスロウの切り替えなどといった脆弱性の蔓延を軽減します。
やはりブロックチェーンは面白い時代に入っていますね。

原文:Stratis in Numbers (Stratis Weekly #4)